浄化機能のあるスクラバー

化学薬品を取り扱っている工場は汚染物質をそのまま排出しないよう工夫しています。排水に何も手を加えず下水などに流してしまうと、環境汚染につながって海や川の生態系を壊してしまいます。

そこで環境汚染を防ぐために取り入れているのがスクラバーという機械です。これは工業排水など汚染された物質を一度装置内に吸引して、内部で浄水処理などを施す装置になっています。そうすることで汚染物質のみを分解して綺麗な水の状態に戻すことができるのです。

スクラバーは工場の規模に合わせて処理できる容量を選べるので、排出される汚染物質の量に合わせた装置選びが大切になります。

スクラバーの種類と特徴について

スクラバーは排気ガスに含まれる有害物質を洗浄やろ過によって除去する装置です。実験や製造過程において発生する有害ガスを浄化するなどの目的で化学工場や化学実験施設などで広く取り入れられています。

その他にも臭いなどによるトラブルを未然に防ぐために飲食店でも多く設置されています。スクラバーには、排ガスを洗浄液にくぐらせることで集塵する溜水式や加圧水を噴射させる加圧水式などの方式があります。

屋外に設置される大型のものだけではなく、実験室など室内でも設置しやすい小型なものもあるため、場所の規模や状況に合わせて設置できます。

商品開発を支えるスクラバー

私達が何気なく手に取る商品は、開発に伴いさまざまな実験を行ったり、使用するにあたって問題がないか繰り返しテストをしてから出荷されています。

加工や実験の過程で、有毒ガスなどの人体に悪影響を及ぼす産業廃棄物が出ることがあります。それらを処理するために導入されるのが、スクラバーです。ガスなど気体の場合は、排風機を使って一カ所に集めます。

そして中和するための薬液をシャワーで散布したり、吸収剤で固形化します。スクラバーの作業効率を落とさないためには、定期的な点検やカートリッジの交換を怠らないことが大切です。

スクラバーの用途別の種類

スクラバーは、大気汚染の原因になりうる毒性のある物質や粒子を取り除くことができる機械であり、化学工場などで使用されています。

また、スクラバーは、洗浄の方法を主に2つに分けることができ、洗浄する際に液体を使用する湿式と、粉塵や土、ホコリなどを除去する乾式があります。湿式では、洗浄液を用いることで排出される有毒な物を中和させて無害にし、外に放出することができます。

一方で乾式は、液体を使うことなく、ガスなどを活性炭や吸収剤を活用して物質を集め、成分を化学反応させることで無害にします。この多くは、ゴミ処理場の焼却に多く使われています。

飲食店にも導入したいスクラバー

スクラバーと聞いても馴染みのないような人が多いかと思いますが、飲食店や工場には欠かせないものになっています。この装置があることで気になるニオイのもとや、有害なガスなどに関しては清浄化することができますので、環境汚染を防止には欠かせない装置になります。

このスクラバーを導入するには、それなりの費用がかかってしまいますが、地球の汚染を止めることができますので、長い目で見ると導入を求められる装置でもあります。飲食店については主にニオイを改善することで、近隣の人たちに迷惑をかけずに営業をおこなうことができます。

水膜式スクラバーの製造メーカー

排気ガス処理や排水処理のお悩みは水膜式スクラバーデオライザーや散気管アクアブラスターを扱う製造メーカーへご相談ください。
株式会社アイエンス 大阪本社
〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀1丁目21-7 コーワ江戸堀ビル3F
神戸支店
〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通7丁目3-3
東京オフィス
〒108-0023 東京都港区芝浦3丁目14-19 大成企業ビル6F

大阪の製造メーカーはこちら。排気ガス処理・排水処理のスクラバーや散気管の製品カタログや導入実績もご覧ください。
https://www.aience.co.jp/

スクラバーの関連ページ

メニュー

GO!引越しTOP 引越し リサイクルショップ リサイクルショップ大阪 カーテン カーテン京都 カーテン神戸 オーダーカーテン大阪 スクラバー スクラバー装置

リサイクルショップやオーダーカーテン、スクラバーに関する情報もたっぷり掲載している「引越し情報サイトGO!引越し」。当サイトについてはこちらへ。東京、大阪、兵庫(神戸)、京都、滋賀、奈良などの多くの地域に出張見積を受け付けている業者も多数あるのでチェックしてみよう。