スクラバーの装置のサイズ

工場から排出されるガスや有害物質を除去する方法として、スクラバーという装置が導入されています。排気ガスなどを内部に吸引して無害な物質に変える装置ですが、工場に合わせてさまざまなサイズを選べます。

スクラバーのサイズが大きいほど性能が良いというわけではなく、一度に分解できる物質の量が違うだけなので性能は変わりません。

工場から排出されるガスの量によって選べるので、コストパフォーマンスが良いものを選びましょう。敷地が広いからといって大きなサイズを選んでしまうと維持費が多くかかってしまって、費用がかさんでしまう可能性があるのです。

スクラバーの種類と役割

スクラバーは、工場等で用いられる排ガスの洗浄装置を指します。主に化学工場で、機械の製造工程で発生するアルカリ薬品や酸など、人の身体に害があるものを吸収し中和させるものです。技術が発展したと同時に工場のその分以前より様々な有害物質を発するようになりました。

そうしたことから大気汚染の問題が多発しますが、それを抑制・可能な限り回避するために工場などに設置されています。また、スクラバーには種類が沢山あり、工場の屋外に設置してある大きなものから室内に置ける小さなものまで様々です。有害物質の吸収に合わせ送風機を使用する場合も多くセットで置かれていることも多いです。

スクラバーと大気汚染

スクラバーというのは別名洗浄塔システムと呼ばれる物で、大気汚染を防止する装置の一つです。この装置は工場などで出る煤塵粒子や有害ガスを除去・中和するもので、種類もいくつかあります。

先ず、湿式洗浄があります。この装置は有害ガスや汚染物質等を洗浄液と反応させて除去していく装置です。塩化水素やアンモニアの様な水溶性毒物を取り除けます。

次に乾式洗浄があります。この装置は洗浄液を使用せず、吸着材という物を使用し有害ガスや悪臭を除去する装置になります。主に硫化水素・メタンチオール・アルデヒド等を吸着させます。

スクラバーの種類について

スクラバーの種類は、溜水式、加圧水式、充填層式、回転式の4つの種類があります。それぞれの種類には特徴があります。1つ目の溜水式は、排ガスを溜水中に通すことによって集じんできる方式です。

2つ目の加圧水式は、その名の通り加圧水を排ガスに噴射する方式です。3つ目の充填層式は、陶磁器やプラスチックなどの充填物に排ガスを接触させて、洗浄液の水膜で集じんする方式です。

4つ目の回転式は、洗浄液を回転体で分散させて排ガスを接触させる方式です。4つのどの型式も小型ですが、大量の排ガスを高い集じん率で処理することができます。

地球をクリーンにできるスクラバー

日常生活においては遭遇するようなケースはありませんが、飲食店や工場などの環境下において、スクラバーを導入しているケースはめずらしくないようです。このような環境では有害なガスや空気を浄化してくださいますので、地球や周囲の環境にとって非常に良いことがあげられます。

特に工場などにおいてはさまざまな薬品を使用していますので、スクラバーがあることで、汚染を防止することにつながりますので、役割としては非常に高いことでしょう。導入に関してのコストは高いですが、それなりの役目を担っている装置だと言えるでしょう。

水膜式スクラバーの製造メーカー

排気ガス処理や排水処理のお悩みは水膜式スクラバーデオライザーや散気管アクアブラスターを扱う製造メーカーへご相談ください。
株式会社アイエンス 大阪本社
〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀1丁目21-7 コーワ江戸堀ビル3F
神戸支店
〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通7丁目3-3
東京オフィス
〒108-0023 東京都港区芝浦3丁目14-19 大成企業ビル6F

大阪の製造メーカーはこちら。排気ガス処理・排水処理のスクラバーや散気管の製品カタログや導入実績もご覧ください。
https://www.aience.co.jp/

スクラバーの関連ページ


リサイクルショップやオーダーカーテン、スクラバーに関する情報もたっぷり掲載している「引越し情報サイトGO!引越し」。当サイトについてはこちらへ。東京、大阪、兵庫(神戸)、京都、滋賀、奈良などの多くの地域に出張見積を受け付けている業者も多数あるのでチェックしてみよう。